阪神サラブレッドクラブ

社台,サンデー,キャロット,東京サラブレッドクラブの一口馬主ライフ。国内外競馬LIVE観戦記をお届け!

2008/10/29(水) 20:21:34

阪神TCの今年デビュー世代唯一牧場に居残っているファーレサルティですが
ようやく入厩に向けて目処も立ってきたようですね!


屋外周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本。週2回は登坂本数を2本にしたり、ハロン14〜15秒を計時したりしている。「動きは週を追う毎に良化しています。まだ移動に関する具体的な日程は出ていませんが、この調子でいけば年内には十分メドが立つでしょう」(早来担当者)

ファーレサルティ


※クラブの使用許可を得て掲載しております
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/10/29(水) 19:51:36

レッドボルサリーノ、レッドスパーダともに順調に来てますが
ネオユニヴァース産駒の期待馬レッドシャガーラはどうでしょう?
好馬体の持ち主で走る予感がプンプンしてます。
今日はゲート試験に合格し、今後は坂路で乗り込んで
こちらもトモが寂しいのでじっくり行って欲しいですね
暮れの阪神もクラシックを目指した馬達が集結する新馬戦になりますが
12月デビューでも全然結構です!

ダクでの調整後、坂路1本乗り、その後ゲート試験に合格。
「ゲート試験は無事に合格。出た後のスピードがいいですよね。トモには甘さがありますが、乗り込んでいけば肉が付いてくるはずです。そうすればもっと良くなってくると思いますよ。いいものを感じるので、焦らずじっくりと調整していきます」と藤岡調教師。


レッドシャガーラ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/10/29(水) 19:47:28

いよいよ今週末出走するレッドボルサリーノ
今日はPOGでも人気!キャロットクラブのトゥリオンファーレと併せました
この馬もクラシック候補の逸材として期待が高く
レッドボルサリーノが出走する萩ステークス(OP)の11月1日にデビューを
迎えます。クラブの馬なので応援しますよ!
なんかエエ感じですね
課題のトモも良化!まだまだ発展途上ですが今回も上位必至の
期待を抱いてなりませんね!!!

<追記>
トゥリオンファーレ
は今週の追い切りが悪く、今週の出走は回避
11月16日(芝2000m)へ。レッドボルサリーノの主戦川田騎手で
デビュー予定

ダクでの調整後、坂路にて併せ馬で追い切る。

 栗東坂路 52.9−39.5−27.0−13.9 余力あり

「相手(トゥリオンファーレ)も走る馬ですが、ボルサリーノの方がいい動きをしていましたね。今日の馬場は全体的に時計が掛かっていたのでタイム的にも優秀ですよ。これだけ走れば上出来です」と音無調教師。
生野騎手は、「トモもしっかり入ってきているし、以前に比べると本当に良くなっていますね」とコメント。


レッドボルサリーノ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/10/29(水) 19:39:28

10月26日京都9R 北野特別(1000万下)ではアーネストリーが勝利
1番人気を背負ったタガノエルシコは最速33.1の豪脚を繰り出すも
クビ差届かず2着。。。
先団でレースを進めたアーネストリーは内々ラチ沿いの経済コースで
直線抜け出すとそのまま押し切った。

テイエムアンコール返し馬
テイエムアンコール


ウォーゲーム返し馬
ウォーゲーム


タガノエルシコ追い込むも。。。
タガノエルシコ
タガノエルシコ
タガノエルシコ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/10/29(水) 19:26:17

10月26日京都6R(ダ1800m)ではウォータクティックスが圧倒的1番人気に
応え圧勝した
スタートも良く、スピードの違いでハナに立ち主導権を握る
いったん4角手前で後続を引きつけると直線で加速
あっさり突き抜けてフィニッシュ!
ウォーエンブレム産駒の大物がダートで本領発揮
休み明けとは思えない内容でした
上のクラスでも即通用するでしょう!


ウォータクティックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/10/29(水) 19:20:19

10月26日京都8R かえで賞(芝1400m)で圧倒的一番人気エイシンタイガー
すがスタートを決めて好位のインを追走
4角では手応えが良さそうに見えたが一瞬前が壁になったこともあり
エンジンの掛かりが遅く、一歩届かなかった
次走は京王杯2歳ステークスで巻き返しを目指します


エイシンタイガー
エイシンタイガー
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/10/29(水) 19:12:57

札幌でデビュー三戦勝ちきれなかったステイゴールド産駒トップゾーン
10月26日未勝利(芝1600m)を快勝した
北海道帰りでもふっくらとした馬体で好ムード
この日は先手にこだわらず、中団のラチ沿いを追走し
脚をためる。直線に向くと1等分のスペースから楽に抜け出し
センスの良さを感じさせる内容で1馬身1/4差で勝利した


トップゾーン
トップゾーン


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る