阪神サラブレッドクラブ

社台,サンデー,キャロット,東京サラブレッドクラブの一口馬主ライフ。国内外競馬LIVE観戦記をお届け!

2008/11/04(火) 21:22:56

11月16日京都競馬場で開催されるエリザベス女王杯(G1)には
天皇賞1,2着ウオッカとダイワスカーレットやマイルチャンピオンへまわる
ブルーメンブラッド、秋華賞馬ブラックエンブレムは不在で大混戦
海外招待馬やカワカミプリンセスなど有力どころはいるが
どの馬にもチャンスありといった感がある
その中でも注目は香港マイル(国際G1)にも登録しているポルトフィーノ
卓越したスピードとパワーで牝馬のマイルでこの馬は一番と言っても
過言ではない。
距離は2,200mと未知数であるが牝馬同士の対決、スローの瞬発力勝負に
なれば勝機は十二分。ココを快勝し女王の勲章を持って
暮れは香港へ行ってもらいたい

と言うわけでポルトフィーノのコレまでの戦い!

◆2007年6月16日 新馬戦
ポルトフィーノ

新馬戦初日にいきなりの登場
後続に1.3秒差を付けて圧勝。早くも新馬世代一番星がクラシック
有力候補になった

◆2008年2月11日 エルフィンステークス
ポルトフィーノ

札幌2歳ステークスを回避し立て直した休養明け初戦
ここでも圧巻の1.9秒差の圧勝
3着馬が桜花賞馬レジネッタ

◆2008年3月1日 アーリントンカップ
ポルトフィーノ

僚馬2歳女王トールポピーとの兼ね合いもあり桜花賞トライアルではなく
牡馬との混合戦に臨んだが差しに行く競馬もリズムを狂わせ
8着と初の黒星を喫した

◆2008年9月7日 ノーザンファーム早来
ポルトフィーノ

春のクラシックは桜花賞取り消しから休養に入り
のんびりと英気を養っていたがこの迫力有る馬体へと成長した

◆2008年10月19日 清水ステークス
ポルトフィーノ

実質はアーリントンカップ以来の実戦となったが
準オープンでしかも牡馬との混合戦に参戦
武豊騎手のエスコートで9番手に控えた競馬で直線抜けだし
スピリタスの猛追を退け勝利した。アーリントンカップでは不発に終わった
末脚が控えて炸裂。

さて、エリザベス女王杯の目玉がどのような競馬を見せてくれるか!
母エアグルーヴが勝てなかったエリザベス女王杯のタイトルは一族の悲願!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/11/04(火) 18:08:11

11月1日の萩ステークス(OP)に出走したレッドボルサリーノですが
クラブからレース後のコメントが発表されました。
つまりのところまだ、子供と言うことで
今後、レースをじっくり覚えて体を作ると言うことですね
新馬戦に勝っているのでじっくり進めて欲しいですね!

道中は中段外目を追走。3コーナー過ぎから徐々に遅れ、直線はこの馬なりに伸びてはいるものの、速い上がりに対応できず、勝馬から1.1秒差の6着。川田騎手「はじめの2ハロンくらいは行きたがっていました。それと、初戦も直線で外に行くようなところがありましたが、今日は3コーナー過ぎから他馬を気にして外に逃げたがり、それを矯正するだけでいっぱいでした。一度使って行きたがる面が出ていたので、余計にきつかったです」とコメント。今後は厩舎で立て直します。


レッドボルサリーノ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/11/04(火) 00:24:16

11月1日京都11R スワンステークス(G2)では佐藤哲三騎手騎乗の
5番人気マイネルレーニア(牡4、栗東・西園正都厩舎)が、好スタートから先手を取ると
直線に向いてもしぶとく粘り、好位から伸びた3番人気ローレルゲレイロに
1/2馬身差をつけて逃げ切った。勝ちタイムは1分19秒9(良)。
さらに3/4馬身差の3着には8番人気ジョリーダンスが入り、
1番人気スズカフェニックスは早めの追い上げを見せたが4着に敗れている。

勝ったマイネルレーニアは、父グラスワンダー、母がJRA2勝の
チェリーラブ(その父サクラユタカオー)という血統。
05年HBAサマーセール1歳にて1100万円(税抜)で落札されている。

06年7月にデビューし、2戦目で初勝利を挙げると、続くダリア賞(OP)も連勝。
新潟2歳S(GIII)3着から臨んだ京王杯2歳S(GII)で重賞初制覇を飾った。
その後は勝ち星から遠ざかるも、今年6月のストークS(1600万下)で
久々の勝利を挙げ、前走のポートアイランドS(OP)も制していた。
通算成績21戦6勝(重賞2勝)。

でも、ローレルゲレイロの脚色が一番良かったので
届くかと思ったのですが。。。
ローレルゲレイロも復活の前哨戦!
ローレルゲレイロ

ローレルゲレイロ

ローレルゲレイロ


◆おまけのスズカフェニックス
スズカフェニックス

スズカフェニックス

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/11/04(火) 00:15:16

11月1日の京都メーンはスワンステークス(G2)が開催されました
このレースは人気馬がことごとく散る波乱も十分考えられるレースです
また、マイルチャンピオンシップ(G1)へのステップレースで
賞金加算が必至な武豊鞍上でキングマンボ産駒の大物ファリダットにも
注目でした!

まずは、パドックで有力馬をチェック!
ジョリーダンス
ジョリーダンス

忘れた頃に飛んでくるジョリーダンスです
ダンスインザダーク産駒の牝馬は少し評価は低いようですが
この馬は別格ですね。それに産駒が一番活躍している舞台で1発狙ってます

スズカフェニックス
スズカフェニックス

1番人気はサンデーサイレンス産駒のスズカフェニックス
この馬はスプリントG1を制してますが若い頃は中距離で活躍してました
距離適正も不問でもう一つビッグタイトルが欲しいところ

タマモホットプレイ
タマモホットプレイ

京都巧者のタマモホットプレイですが今回も人気薄の一発を
期待しますね

トウショウカレッジ
トウショウカレッジ

この馬は展開の助けが必要ですね
それでもマイルのOPでも勝ってる馬ですのでこの距離も守備範囲
この日は内馬場が延びてますが大外から強襲のシーンが。。。

ファイングレイン
ファイングレイン

忘れている方も多いかも知れませんが今年の高松宮記念を制したのが
ファイングレインです。休み明けから精彩を欠いてますが
京都は得意舞台!復活も期待されます

ファリダット
ファリダット

今回、一番の注目は3歳の若駒ファリダット!
キングマンボ×ビリーヴ(母父サンデーサイレンス)と世界的良血馬
3歳には分が悪いレースですが頼もし鞍上がどう挑むかが注目

マイネルレーニア
マイネルレーニア

1400mは得意距離!勢いのある上がり馬の一頭!
ここで賞金加算をしておきたい!

レットバトラー
レットバトラー

ダイワメジャー、ダイワスカーレットの半兄レッドバトラー
条件戦でも波がありますのであてにできませんが。。。

ローレルゲレイロ
ローレルゲレイロ

怪我での長期休養明け。東京新聞杯など強い競馬を見せてきた
ここでも主役級!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る