阪神サラブレッドクラブ

社台,サンデー,キャロット,東京サラブレッドクラブの一口馬主ライフ。国内外競馬LIVE観戦記をお届け!

2008/11/25(火) 22:49:09

11月24日のもちの木賞に出走したレッドボルサリーノ
消化不良の6着でした

以下クラブ発表とYouTube

スタート後気合いを付けて先団3番手にとりつき、勝負所ではフワフワとした感じで一旦後退しますが、直線は再び伸びそうな手応え。しかし、そこで行き場を失う不利などもあり、終いは盛り返したものの1.4秒差の6着。
川田騎手「スタートが良かったので行こうと思いましたが、行きたい馬が多かったので控えました。最後は伸びそうな手応えでしたが、直線でごちゃついてしまいました。かわいそうな競馬になってしまいました」






ランキング参加中!もし良ければクリックして下さい
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/11/25(火) 20:42:42

11月11日の北海道牧場見学。今日のメインディッシュです。
キャロット募集馬見学ツアー以来の対面となった愛馬
それにサンデーサラブレッドクラブのツアー以来の対面となった愛馬
そして欲張りな私はキャロットクラブ募集馬でまだ残口がある
気になった2頭を見学
以下のラインナップです

◆キャロットクラブの愛馬
・フレンチバレリーナの07
・サダムブルーアイズの07
・アーティストチョイスの07
・スーヴェニアギフトの07

◆サンデーサラブレッドクラブの愛馬
・ブランシェリーの07

◆キャロットクラブの募集馬(残口有り)
・プアプーの07
・プリティジョディーの07

今回はキャロットクラブでまだ残口が残っている2頭です

プアプーの07
プアプーの07
プアプーの07

サンデーサラブレッドクラブで募集されていたアグネスタキオン産駒は
530kgの馬体で脚元が悪く、結局北海道から出ることなく引退しましたが
この馬は体高は160cmを超える大型馬ながらすっきりした馬体で
現在も460kg程度と兄弟達とは違い順調に来ています
父ネオユニヴァースの柔らかさが出た身のこなしと
調教も一番順調な組とアクシデントが無ければデビューも早くなると
牧場では見てます。母は中距離で活躍したスピード馬
相当期待が持てると思います。
何故この馬を見学したかというとツアーの時にスタッフから
この馬は面白いよ!と複数の声を聞いていたので少々気になってました


残口:150



そそられ度:
※満点5つ

プリティジョディーの07
プリティジョディーの07
プリティジョディーの07
プリティジョディーの07
プリティジョディーの07

ツアーの時からチェックしていた一頭です
父クロフネ×母父ダンスインザダークの血統です
カタログにはダートで!と記載されてましたが牧場では芝もOKでしょう!
と見てます。プリティジョディーの07は順調そのものです
同厩舎に愛馬サダムブルーアイズの07もいますが
スタッフの方はこちらの方がいいかも知れないとそそられる一言
クロフネはダートもOKですが芝の方が実績馬多いですよね
スピードとキレが有りそうだと言うことです
まだ残口がたくさんあるのが不思議らしい
まだ、1歳秋なのでまだまだこれからと言うことは当然ですが
厩舎の期待の大きさと好馬体は理解できました
値段を考えてもお勧めと自信を持って言えるのではないでしょうか?
顔も良いですよね

そそられ度:
※満点5つ


ランキング参加中!もし良ければクリックして下さい
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/11/25(火) 20:10:01

11月11日と13日、14日の日程で北海道牧場見学に行きました
目的は07年産駒との再会と募集馬の見学でした

阪神サラブレッドクラブの馬達は以下のクラブ募集馬から
入厩しております
◆サンデーサラブレッドクラブ
(来年は社台サラブレッドクラブからチョイスの予定)
◆キャロットクラブ
◆東京サラブレッドクラブ

今年デビューの産駒から阪神サラブレッドクラブもスタートしました
06産駒は4頭在籍しており、2頭がデビューしてます
今のところ2頭とも新馬戦を勝ち抜く快挙を成し遂げてくれました
今週のジャパンカップデー(30日)にはもう一頭デビューします
残る一頭も入厩間近と順風満帆の船出です

さて、今回は11日に千歳空港に降りて
ドリームパスポートがすずらん乗馬クラブにいると言うことで
まずはそちらへ足を運んだその模様はココ
それでも、ノーザンファーム空港での見学には時間があるので
事前に社台スタリオンステーションに予約を入れて種牡馬達を
見学しました。


まずは、一般見学の敷地でサンデーサイレンスの後継種牡馬として
不動の地位を築いたアグネスタキオンです

◆アグネスタキオン
アグネスタキオン
アグネスタキオン

秋の日差しに映える栗色の好馬体ですね
社台スタリオンのスタッフや白老ファームでも
アグネスタキオン産駒に出資しておけば無難じゃないかな!と聞く
まぁ今やリーディングサイヤーですからね

そして、社台スタリオンステーションの受付で手土産を渡し
スタッフの方のガイドで放牧地を見学します
種牡馬のあれこれや今年の産駒など貴重な情報を頂けるので
貴重な時間でもあります
すでに何度かご案内頂いてる方で顔見知り
種牡馬そっちのけで会話を楽しんでしまいました
ですので写真は少ないです

◆ジャングルポケット
ジャングルポケット


◆ネオユニヴァース
ネオユニヴァース


◆シンボリクリスエス
シンボリクリスエス


◆ダンスインザダーク
ダンスインザダーク


◆ゼンノロブロイ
ゼンノロブロイ


◆ファルブラヴ
ファルブラヴ


◆アドマイヤコジーン
アドマイヤコジーン


クラブのツアーで見学させて頂ける種牡馬展示会も良いですが
放牧されている様が見学できるほうが個人的には好きですね
ちなみに見学した数日前に入ってきた新種牡馬アドマイヤジュピターも
特別に見せて頂けました
その模様はココをクリックして下さい

さて、次はノーザンファーム空港でキャロットクラブの愛馬と再会です


ランキング参加中!もし良ければクリックして下さい
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/11/25(火) 00:54:44

11月24日の京都最終レースでフサイチダイチャンが復帰戦に
登場しました。勝負服もフサイチではなくなっていたのは
寂しいですが、勝負服と共に心機一転王道を歩んで欲しいですね
休み明けにも関わらず1番人気に支持されました

◆新たな勝負服をまとったフサイチダイチャン
フサイチダイチャン


レースでは5番人気ミスズオペラがペリエ騎手の手綱に誘導され1着入線!
フサイチダイチャンは直線突き抜けると思わせる見せ場を作りながら
後続の強襲に屈し8着でした
まぁ、休み明けですので次走に期待!

◆優勝したミスズオペラ

ミスズオペラ


ランキング参加中!もし良ければクリックして下さい

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/11/25(火) 00:44:20

11月24日京都9Rもちの木賞(ダート1800m)に出走したレッドボルサリーノ
Vindication産駒だけにダートへの変わり身への期待が膨れました
11頭立ての6番人気と低評価。。。
道中は川田騎手も迷いがあるかちぐはぐさを感じるレースとなりました
行かせるのか?控えさせるのか?よくわかりませんでした
しかし、4角から他馬に挟まれるビビリのレッドボルサリーノには
真価が試される展開!
ここで内から寄られて進路をカットされる致命的な不利。。。
10番手に下がるレッドボルサリーノ。。。
前走と違ったのはここから!
最後まで諦めず川田騎手の鞭に応えて加速する
最後は6着まで押し上げアドマイヤコブラには先着を果たしました
前では1番人気カノンコードと勝った3番人気ハイローラーの叩きは
約8馬身先の出来事でしたが。。。

でも、無事に走ってくれて次走こそは!と思わせてくれました

◆レースへ
レッドボルサリーノ
レッドボルサリーノ
レッドボルサリーノ
レッドボルサリーノ
レッドボルサリーノ


まるでレッドボルサリーノが優勝したみたいですが6着です(笑)

◆引き上げるレッドボルサリーノ
レッドボルサリーノ


◆引き上げるアドマイヤコブラ

アドマイヤコブラ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/11/25(火) 00:27:32

11月24日はあいにくの大雨でしたが京都競馬場へ来た最大の目的
愛馬レッドボルサリーノのもちの木賞観戦!
500万条件、しかもダートにもかかわらず大物候補2頭が
出走してきました。
クロフネ産駒のカノンコード(半兄ポップロック)に
フレンチデピュティ産駒のアドマイヤコブラ(半兄アドマイアムーン)と
昨年のJC1,2着馬の兄弟で共にノーザンファーム出身の大物候補!

アドマイヤコブラとノーザンファーム林厩舎で共に育成の日々を
送ったのが我がレッドボルサリーノです
厩舎の評判も良く、ダートで目覚めて欲しいモノです

まずはパドックです
電光掲示板


◆アドマイヤコブラ
アドマイヤコブラ


◆カノンコード
カノンコード
カノンコード


◆レッドボルサリーノ
レッドボルサリーノ
レッドボルサリーノ
レッドボルサリーノ
レッドボルサリーノ

何か少々お疲れの感じですね
とにかく覇気というか、元気が感じられないですね。。。
前走の萩ステークスもそうでしたが、嫌な予感です
新馬の時は落ち着き無く馬ッ気炸裂でしたがあれくらいうるさい方が
良いのかも知れない

◆川田騎手がまたがり臨戦態勢のレッドボルサリーノ
レッドボルサリーノ
レッドボルサリーノ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る