阪神サラブレッドクラブ

社台,サンデー,キャロット,東京サラブレッドクラブの一口馬主ライフ。国内外競馬LIVE観戦記をお届け!

2009/02/06(金) 21:10:05

2009年1月1日の記事に数頭更新しました
クラシック路線牡馬は例年同様の大混戦
昨年変則2冠馬のディープスカイもこの段階ではまだ条件馬でしたので
まだまだ浮上してくる馬がいても不思議ではないですね

スペシャルウィーク産駒
スペシャルウィーク

リーチザクラウン
リーチザクラウン

トゥリオンファーレ
トゥリオンファーレ

キイタサンガイセン
キタサンガイセン

デルフォイ
デルフォイ

スペシャルウィーク産駒からはシーザリオ、インティライミが出た年以来の
豊作です。ブエナビスタもいますからね
リーチザクラウン、トゥリオンファーレ共に暮れの阪神クラシック登竜門
ラジオNIKKEI杯2歳Sの2,3着馬ですね。
リーチザクラウンは未勝利、千両賞と圧巻な勝利で不動と思った主役の座を
ロジユニヴァースに4馬身差を付けられ陥落しました
ただ、直線で止まったが2着を確保するところに逆に並の馬ではない
非凡な力を感じました。一方、未勝利を勝ち上がったばかりでの挑戦となった
トゥリオンファーレは京成杯は惨敗でしたまだ馬体が緩いので中山コースは厳しかったかもしれませんね
カーリーエンジェルの仔で超良血馬だけに大きな期待をかけれますね
共に次走が注目です。先行力のあるリーチザクラウンは皐月賞向き
トゥリオンファーレはダービーで見たいですね
デルフォイはシックスセンスの半弟で楽しみな一頭です


ネオユニヴァース産駒
ネオユニヴァース

ロジユニヴァース
ロジユニヴァース

アンライバルド
アンライバルド

初年度産駒からブレイクしているネオユニヴァース産駒からは大物候補2頭です
関東の総大将がロジユニヴァースですね早くも圧勝の内容で重賞2勝
クラシック候補最右翼と言われたリーチザクラウンもラジオNIKKEI杯2歳Sの2で
4馬身差、しかも最後は押さえる余裕。休み明けで圧巻のパフォーマンス
現時点で最有力でしょうね
また、最強の新馬戦でリーチザクラウン、ブエナビスタを完封した
アンライバルドです。フサイチコンコルドの兄弟とこれまた超良血です
京都2歳ステークスではちぐはぐな内容でした。若駒ステークスでは圧勝!
一気にクラシック候補に再浮上!

ジャングルポケット産駒
ジャングルポケット

トーセンジョーダン
トーセンジョーダン

ガウディ
ガウディ

シェーンヴァルト
シェーンヴァルト

未勝利から3連勝でホープルステークスを快勝したトーセンジョーダンですね
ホープルステークスも馬場が悪い内目で余裕の勝利。好位に取り付けると言う
レースセンスもレベルが高く上位であることは間違い有りません
最終週の新馬で卓越したレースセンスを見せた尾がカンパニーの半弟
ガウディですね。最後方から直線で仕掛けられると最速の末脚を繰り出しての
勝利。まだまだ荒削りですが上積み十分です
レース毎に成長してくる伸びしろが魅力の素質馬
朝日杯では本来のレースができなかったシェーンヴァルトもまだまだ見限れません
末脚は魅力でレースセンスも抜群です。トーセンジョーダン、シェーンヴァルトは
今週の共同通信杯でジャングルポケットも得意としていた府中でどんな走りを
見せてくれるか?楽しみです


タニノギムレット産駒
タニノギムレット

モンテトウルヌソル
モンテトウルヌソル

ブロスアンドコンズ
ブロスアンドコンズ

タニノギムレット産駒からは大きな舞台での活躍馬はいませんが
素質馬2頭です。まずはモンテトウルヌソルです
この馬も面白いです。新馬戦、未勝利と府中で最速の上がりを出しており
切れ味は抜群です。皐月賞と言うより府中が良いと思われます。
京成杯あたりが有力でしょうから中山でどうさばくかが注目です
もう一頭はプロスアンドコンズです。野路菊Sではホッコータキオンに
逃げ切りを許しましたが新馬戦では先に抜け出したロジユニヴァースに
0.1秒差の2着でした。福寿草特別は伸びながらも惜敗。
直線が長い府中で自慢の末脚を発揮できれば好メンバー相手にも
通用しそうです。ダービーに強いタニノギムレット産駒なので


ステイゴールド産駒
ステイゴールド

ナカヤマフェスタ
ナカヤマフェスタ

東京スポーツ杯2歳S覇者のナカヤマフェスタです
あまり話題には挙がりませんが3戦2勝馬です
脚は切れると言う印象は2戦を見た段階ではありませんが
実にしぶとい勝負根性の持ち主です。東京スポーツ杯2歳Sでは
ブレイクランアウトと併せ馬の形になる展開もしぶとく粘りきりました
こういう馬が実は強い馬です


キングカメハメハ産駒
キングカメハメハ

フィフスペトル
フィフスペトル

初年度産駒から重賞ウイナーを輩出したキングカメハメハ産駒から
函館2歳S覇者のフィフスペトルです。函館2歳S組でクラシックという馬は
いませんがフィフスペトルの朝日杯2着の走りは勝ち馬以上に印象的でした
早熟色の強い函館組から久々に大物が出現。期待したいですね
キングカメハメハ産駒を見ているとキングマンボ産駒同様に
牡馬の勝ち上がりが圧倒的に高いですね。今後も楽しみなデビュー馬が
控えているのでまだまだ有力候補が出てきそうですね

マンハッタンカフェ産駒
マンハッタンカフェ

メイショウドンタク
メイショウドンタク

アラシヲヨブオトコ
アラシヲヨブオトコ

出世レースの一つ中京2歳ステークスを制したメイショウドンタクは
夏の小倉デビュー組NO1の力と評された馬でしたが2戦目の萩ステークスでは
競馬ができず惨敗でしたが中京2歳ステークスでは本来の力を見せつけました
この馬も次走強豪と対した時が楽しみですね
一方、ホープルステークスでトーセンジョーダンの2着に入った
アラシヲヨブオトコも注目の一頭です。この馬は4戦して惨敗のデイリー杯では
中団で直線でしたが好走したレースでは2,3番手を確保してましたので
ジリジリした伸び脚なので有る程度前につけれれば好走と言うことでしょう
今年は先行タイプに強豪が多いのでレースのバリエーションも増えれば楽しみ
な一頭ですね。

グラスワンダー産駒
グラスワンダー

セイウンワンダー
セイウンワンダー

西の総大将が朝日杯を制したセイウンワンダーですね
休み明けが不安視され、しかも馬体重も大幅増。それでも内から最速の
末脚を繰り出すところは力以外の何物でもない。早くロジユニヴァースとの
対決が見たい。4戦全てのレースで最速の上がり、位置取りも好位、中団、後方と
バリエーションが多く、簡単には負けないだろう。


クロフネ産駒
クロフネ

サイオン
サイオン

ダートの新馬戦を勝ったばかりだが非凡な力を見せつけたのが
フサイチリシャールの全弟サイオン。芝でも通用しそうな軽いフットワーク、
切れ味抜群の脚と新馬戦で披露。共同通信杯はフサイチリシャールも2着
クラシック戦線に浮上してくるだろう一頭。注目です。


アグネスタキオン産駒
アグネスタキオン

ホッコータキオン
ホッコータキオン

昨年、皐月賞、NHKマイル、日本ダービーを制したアグネスタキオン産駒です
まだ大物は出てきてませんが、野路菊S覇者ホッコータキオンです
朝日杯では不利な外枠から果敢に先行し最後は止まりましたが4着を確保
内容のあるレースでした。前半脚を使った分止まりましたが見せ場十分!
卓越したスピードと最後まで粘れる脚が持ち味。朝日杯の内容からも
大崩しない堅実さを感じました。距離がどうか?不安はそこだけですね
次走はきさらぎ賞あたりからの始動でしょうか?

シンボリクリスエス産駒
alt="シンボリクリスエス" border="0" />

リクエストソング
リクエストソング


ブレイクランアウト
ブレイクランアウト

最後はアメリカリーディングサイヤーのスマートストライク産駒
ブレイクランアウトです。新馬戦の脚は本当に圧巻で2歳馬をレベル超えた
内容でしたがその後、いちょうSでは位置取りが悪く、最後は末脚を見せて
直順を4着まで挙げる見せ場を作るも惨敗。東スポ杯では最後は勝ち馬
ナカヤマフェスタと脚色が同じになり突き抜けれず
朝日杯は内からセイウンワンダーに差しきられるなど後一歩の内容が
続いてます。この馬の場合は春にどれだけの成長ができるのか?が焦点ですね
武豊騎手も素質を高く買ってる馬ですので更に成長できれば有力候補ですが
早熟だと厳しいですね。そう言う不安をここ2戦では感じました
しかし、未知数の種牡馬産駒だけもう一回みたいですね
共同通信杯が勝負でしょう



ランキング参加中!阪神TCと激戦!クラシック候補の応援にワンクリックお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2009/02/06(金) 08:13:22

さて今年のクラシック戦線真っ最中の今ですが、早くも今年夏以降の
デビューを控え、今鍛錬に励んでいる若駒も少々気になるところ
と言う訳で今回はそんな若駒の中から社台の注目馬2頭を紹介!

ハッピーリクエストの07
ハッピーリクエスト

ハッピーリクエストの07と言えば、今年もクラシック有力候補の一頭で
次走きさらぎ賞が有力のリクエストソングの半弟です
父がシンボリクリスエスからネオユニヴァースへ。SSの血が注入される分
ハッピーリクエストの07への期待も当然大きくなります。
ネオユニヴァース自身も初年度から有力馬を送り込んでいるので尚更です
入厩予定は栗東:音無厩舎です

近況は。。。
トモ部分にフレグモーネを発症し、1週間騎乗を控えましたがすぐに回復
現在は常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを再開
直線コース(1000m)でも1本のキャンターを消化しており、ウッドコースではハロン17秒近くで乗る日もあるようです。飛びが大きいのはこの馬の長所で、本当に良くなるのはこれからでしょうが、今後も課題をひとつずつクリアーすることが大切といえます。現在の馬体重は490kg

リトルハーモニーの07
リトルハーモニー

リトルハーモニーの07の半姉は昨年のエリザベス女王杯を見事制した
リトルアマポーラです。父がアグネスタキオンからフジキセキに変わり
楽しみな一頭です。
入厩予定は栗東:平田厩舎です

近況は。。。
常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを乗り込まれています。同時に直線コース(1000m)でも1本のキャンターを続けており 、ウッドコースに入っても脚取りに問題はありません。現在の馬体重は512�と持て余している現状ですが、暖かくなれば確実に上昇の余地があると考えています。乗り込み量がまだ不足しているかもしれませんが、血統からも変わる要素はあるとみており、今後もスタミナ強化は大切ですが、それに見合うスピードを身につけさせたいようです。
馬体重は500kg以上有ります

オマケはリトルハーモニーの08です。今年、恐らく社台サラブレッドクラブで
募集ではないでしょうか?父は注目のスペシャルウィークですね
1ヶ月しか変わらない写真ですが成長の早さはよくわかりますね
◆2008年9月
リトルハーモニーの08

◆2008年10月
リトルハーモニーの08




ランキング参加中!阪神TCと期待の若駒の応援にワンクリックお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る