阪神サラブレッドクラブ

社台,サンデー,キャロット,東京サラブレッドクラブの一口馬主ライフ。国内外競馬LIVE観戦記をお届け!

2009/09/25(金) 23:23:01

さて2年目に突入した阪神TC。とりあえず何かせねばと言う使命感は
全くありません(笑)が、丁度、キャロットのツアー用にANA無料航空券を
押さえていたし、今期の山の大勝負案件も無事に終わったことから
シルバーウイークを仕事に捧げたので23,24日とシルバーウイーク(ただに連休)を
利用して牧場見学へ旅立った。でも、今回はこんな時期に同行してくれる
お気楽さんはいない訳でたまにはのんびり一人旅を満喫することにしました
天候は晴れたり雨降ったり、濃霧の怖さも経験。そして、門別競馬にも
初見参!ハッキリ言って最高ですよ。夏に開催される門別競馬には是非立ち寄って
頂きたいですね。後悔はしませんよ。お勧めスポットです
その門別競馬場を含め各馬のレポートもドンドン更新します
2年目も好スタート!愛馬も今週頑張ってくれる!

◆門別競馬場
門別競馬場


今回は一人で牧場見学23,24日と仙台出張でも愛馬見学!
そして門別競馬場と盛りだくさん!


今回見学した愛馬リストは続きをご覧下さい!


ランキング参加中!阪神TCの応援にワンクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬写真&一口ブログ満載!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

[【2年目突入記念】ほっかいどう競馬と牧場見学!]の続きを読む

2009/09/25(金) 06:53:29

入厩したレッドステラーノです
そして次はデビューを控える。2期生。順調に来てます。
レッドステラーノもこの調子だとゲート試験もすぐにクリアしてくれそうです
一歩一歩、前進してくれる頼もしい仔です。
牧場でも堂々と雄大な馬体を披露してくれましたが
競馬場で締まった馬体を見れる日が楽しみですね。
ちょっと今までのロンドンブリッジの仔と違って雄大な栗毛
どういう競走馬になるのかわくわくさせられますね

レッドステラーノ
レッドステラーノ

<クラブ公式>
(角居厩舎)
500m角馬場でダクとハッキング20分後、軽めに坂路1本。ゲート練習。
栗東坂路 61.7−44.9−29.7−14.8 馬なり
担当助手「ゲート練習ではスムーズな枠入りを見せていました。駐立も少し長めに待機させましたが、落ち着いて他馬の枠入りを待っていましたよ。まだ出ることは知らないので、一緒に行った馬についてゆっくりダクで出ていました。扉が開放した時に少し驚いていましたが、初めての馬はみんなそうですから。全体的な雰囲気としては良かったですよ」


写真館は続きをご覧下さい!


ランキング参加中!阪神TCとレッドステラーノの応援にワンクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬写真&一口ブログ満載!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

[【レッドステラーノ】愛馬近況!]の続きを読む

2009/09/25(金) 06:43:14

3勝目を目指すレッドボルサリーノです
2周年1発目の記念すべき記事はやはりこの馬
秋初戦は秋華賞デーの京都11R 1000万下(D1400m)に決まった。
ココ2戦、展開もありましたが最後に差されている競馬が続いたからでしょうか?
それと北海道シリーズでゲートが早く難なく先行できるスピードも板についてきた
からかはわかりませんが距離短縮で3勝目を目指します
短距離は芝の最後のレースとなった3月の京都で2桁10着に惨敗して以来
でも、音無先生も成長を感じている充実している今なら
面白いかもしれませんね。クラスに目処は付けているので
何とか突破して欲しいところ。
しかも、秋華賞直後のレースで多くのお客さんが残ってくれる
圧勝して一人でも多くの人に名前を覚えてもらえるとエエなと勝利を期待しちゃいます

◆2勝目直前時のレッドボルサリーノ
レッドボルサリーノ

<クラブ公式>
(音無厩舎)
昨日、帰厩。今日は乗り運動後、軽めに坂路1本。
担当助手「今日は状態を確認するために、軽く坂路で乗りましたが元気いっぱいですね。体付きがおとなびて古馬のような風格すら感じます。次走から距離を短縮しようと考えています。今のところ、10月18日のダート1400mを目標にしています」
音無調教師「以前に比べればしっかりしてきたけど、まだ緩さは残しています。それだけ伸びしろがあるということですよ」

レッドボルサリーノ写真館は続きをどうぞ!

ランキング参加中!阪神TCと秋は3勝目を目指す!レッドボルサリーノの応援にワンクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

[【レッドボルサリーノ】愛馬近況!]の続きを読む