阪神サラブレッドクラブ

社台,サンデー,キャロット,東京サラブレッドクラブの一口馬主ライフ。国内外競馬LIVE観戦記をお届け!

2009/10/02(金) 22:34:08

昨日から東京出張出先程帰ってきました
お客さん1000人を招いたイベントで挨拶回りなど気疲れ!?
羽田から飛行機に乗って飛ぶ前に爆睡。起きたら伊丹空港に着陸してました
まさにワープを体験?(笑)

今日は9月24日に早来ファームで見学したディーバの08です
牝馬は近々社台ファームにまとめて移動という話を聞きましたが
牡馬は馬房が空き次第、少々お待ち下さいと言うことでした10月中旬までには
社台ファームへ行くんでしょう!
今日はクラブからディーバの08初めての近況更新もありました
見学時には500kg位と聞いてましたが、全てのサイズが規格外のスケール
胸囲の有り心肺能力も相当高そうです
乗り出したら無駄肉を徐々に落とす様なので早生まれを考慮しても
馬体重は減ってくると見られるのでさほど心配してないですが
ド迫力です
トゥザグローリーもビックリの馬体(笑)
半兄サンカルロも素晴らしい馬体でしたが、タキオンに変わり
やはりスピードは断然上と言うことでサンカルロはもう少し距離を
こなせそうですが、ディーバの08はやはりマイル。
阪神TC08年産駒の期待度NO1と言っても過言ではないです
2歳馬と並べても緩さは別ですが迫力は負けてません!
気性も激しく、闘争心も旺盛だそうで競馬でその面が出れば。。。と
期待してます。

今年の社台の募集馬でデキと期待は五指に入ると言うことなので
今からワクワクします
トゥザグローリーも見てて飽きない素晴らしい馬体ですが
ひょっとするとディーバの方が上かもと見てます
でも、これ以上でかくならないで欲しいですね(笑)
何と言っても1ヶ月で38kgupですからね。。。

ちなみに社台サラブレッドクラブ(サンデーも)3月に価格が決まったそうなので
サンカルロのNZT制覇の後だったらもっと価格が上昇したそうなので
タイミング的には良かったです。

ディーバの08の写真館(9月24日)
◆堂々と立ちポーズ!ディーバの08
ディーバの08


<クラブ公式>
放牧地での動きが目立つ1頭で、スケールの大きさに関しては、今年のニュージーランドTを制した半兄サンカルロと比べてもヒケをとりません。夜間放牧を順調に継続することで、筋肉質で雄大な馬格に成長を遂げており、とりわけ後躯の迫力は素晴らしいものがあります。牡馬らしい勝ち気や前向きな気性も兄に似て、いざというときに発揮されるであろう闘争心も兼ね備えています。長時間の放牧に加えて、ウォーキングマシーンや馬房内での背慣らし、全身の水洗いなどの初期馴致のメニューも消化しており、頃合いを見て育成牧場へと移動します。9月の牧場見学ツアー時の測尺は、体高157.0cm、胸囲182.5cm、管囲20.6cm、馬体重484kgで、9月末の計測では522kgまで成長しています。

ディーバの08の写真は続きでごゆっくりご覧下さい!




ランキング参加中!阪神TCとディーバの08の応援にワンクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ

皆様の日頃の応援に感謝御礼



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

[【ディーバの08】愛馬牧場見学&近況!]の続きを読む

2009/10/02(金) 06:50:38

9月23日デルモニコキャットの08を社台ブルーグラスファームで見学してきました
社台ブルーグラスファームは日高のど真ん中にある社台ファームのYealingです
早来では晴天でしたが日高に入ると濃霧。。。車の運転も少々怖い位に
濃い霧が立ちこめ波乱?のムード。
この霧の中に初めて会うハーツクライ産駒の期待馬デルモニコキャットの08が
いる!と言うことで今回の旅で一番会いたかった馬
それにしても社台ブルーグラスファームは広大で事務所が何処にあるか?
探すのが一苦労。。。何せ霧で目の前がすでに見えない
ライトをハイビームにしたら反射して逆効果
そうこうしているうちにようやく事務所に到着
そこから移動してデルモニコキャットの08がいる厩舎へ
するとすでにデルモニコキャットの08が待っていてくれました

ちなみに東京TCの08年募集馬ですでに満口
橋口厩舎
ハーツクライ産駒と言うことも人気の理由ですね

話を聞いてみると母父のストームキャットが良く出た馬体で
すでに馬体重も470kgと雄大な馬体
でも、柔らかい動きはSS系特有のものだそうで馬体にはハーツクライは
出てないものの放牧地での迫力有る大きなスライドはハーツクライのそれと
言うことです
性格は落ち着きのある方ではなくやんちゃと言うことです
素材は一級品と牧場でも高い評価?
それと東京TCと社台ファーム生産馬との相性の良さも良いので
期待しているようです。
母デルモニコキャットは米国で6勝。半姉にはアメリカンオークス2着の
サタンズサーカスを輩出し堅実で大舞台にも実績のある母系の血統
そして何より社台ファーム生産馬でハーツクライを付けていること自体
A級の評価と言うことでした

晴れていれば見事な栗毛が良くわかるんですがねと残念そうにおっしゃってくれた
スタッフの方。丁度、ローズステークス前でレッドディザイアの話も
聞かせていただきました
デルモニコキャットの08の隣の厩舎が牝馬の厩舎。そこにいたのが
レッドディザイア。アクシデントもなく優等生に成育していたため
印象が無く、ココまで走るとは。。。と驚きでした
でも、母はカーリアン産駒で期待馬だったからこの結果にも不思議は無いですが
東京TCは良い馬を選ぶと感心されてました
まぁ山本オーナーがコレって選んだようです(笑)
他の方々は半信半疑だったようですが成績はごらんの通りですから
凄いとしか言いようがありませんね

社台ファームには10月の初旬から中旬移動予定で厳しい訓練が待ってます!
今が一番楽しい時ですよとスタッフの方がおっしゃっていたのが印象的でした


デルモニコキャットの08の写真館(9月23日)
◆堂々と立ちポーズ!デルモニコキャットの08連発!
デルモニコキャットの08


◆父はディープインパクトを倒したハーツクライ
ハーツクライ



デルモニコキャットの画像を大盛りで掲載。続きでどうぞ!



ランキング参加中!阪神TCとデルモニコキャットの08の応援にワンクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬写真&一口ブログ満載!
皆様の日頃の応援に感謝御礼

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

[【デルモニコキャット08】愛馬紹介!]の続きを読む