阪神サラブレッドクラブ

社台,サンデー,キャロット,東京サラブレッドクラブの一口馬主ライフ。国内外競馬LIVE観戦記をお届け!

2013/02/17(日) 10:48:26

今日の注目しているレースは京都のメイン。洛陽S。マイルのOPです
楽しみなメンバーが揃いました。好きなラスカルスズカ産駒サンレイレーザー
そしてディープインパクト産駒のフレールジャック。新馬の時の桁違いの決め手は
今でもはっきり覚えてます。そして牝馬からはサウンドオブハート。牡馬相手でも
OP特別ではキッチリ結果を出しておきたいところ。あと人気薄からはスピリタス
展開の助けが必要ですがはまれば馬券圏内に来る力は十分。
いずれにしても賞金加算が必要な面々ですので激しいゴール前に期待したいですね



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
現地観戦画像



サウンドオブハート
サウンドオブハート

フレールジャック
フレールジャック

スピリタス
スピリタス

サンレイレーザー
サンレイレーザー


にほんブログ村 トラコミュ 一口馬主:社台グループ系総合へ
一口馬主:社台グループ系総合
社台、サンデー、G1tc、キャロット情報

<クラブ公式>
2月16日(土)東京・セントポーリア賞(芝2000m)に吉田豊騎手56kgで出走、馬体重は前走から4kg減の506圓任靴拭まずまずのスタートを切ると、控えて中団馬群を進む構えでした。しかし、直後から進出していく展開となり、一転して逃げ馬の直後で進めていきました。その後はしっかりと折り合い、手応え十分のまま直線を迎えました。残り400m付近から追い出されると、あと200mといったところで逃げ馬を競り落とし、後続の追撃も凌いで勝利を手にしています。2着馬とは1馬身半差、勝ち時計は2分00秒7でした。レース後、吉田豊騎手は「理想は馬群の中に入れていくことでした。しかし、スローな流れで馬も落ち着いていましたので、思い切って行かせることにしました。先団に取り付いてからは思惑通りにハミも抜けてくれましたね。直線を向いてからも手応えは十分でしたが、フワフワとしていましたし、まだ余裕も感じられます。以前よりもレースぶりは上達していますので、このまま無事に成長して欲しいですね」と殊勲の勝利を振り返っています。また、大久保洋吉調教師は「スタートが課題としてありますが、1戦毎に良化して、競馬が上手になってきていますね。この馬はサンカルロの弟ですが、父の良さを受け継いで、距離もこなしてくれそうです。今後はスプリングSへ向かいましょう」とコメントしています。在厩のまま、3月17日(日)中山・スプリングS(G2・芝1800m・皐月賞トライアル)への出走を目指していきます


にほんブログ村 トラコミュ 一口馬主:東京サラブレッドクラブへ
一口馬主:東京サラブレッドクラブ
東京サラブレッドクラブ情報

にほんブログ村 トラコミュ 競馬写真(中央/地方/海外)へ
競馬写真(中央/地方/海外)
牧場見学、中央競馬、地方競馬、海外競馬の迫力ある競馬シーンの画像
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2013/02/17(日) 10:36:30

飛躍の2勝目を!ケイティープライド(ケイティーズギフトの10)です
じっくりと治療に専念してます。NFしがらきはトップクラスの施設とスタッフが
揃っていますし安心感はありますね。最新の画像を見ても冬毛は出てますが
緩さを感じない雰囲気が良いです。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
G1tc2世代目も勝ち上がる



ケイティープライド
ケイティープライド

<クラブ公式>
(角田厩舎)
この中間は左前脚の骨瘤部分への治療を続けながら、徐々に騎乗調教を再開しています。患部へは今週で2度目のショックウェーブ治療を施しており、その効果もあって回復傾向にあります。痛みはないものの、まだ骨瘤部分は残っているため無理はできず、現在は坂路コースを1本、ハロン18秒ペースで駆け上がる程度です。負荷をかけ過ぎないようにトレッドミル運動も併用しており、もう少しの間は脚元の回復を優先させて、じっくり調教を進めていく方針です。現在の馬体重は483kgまで回復しています。 


にほんブログ村 トラコミュ 一口馬主:社台グループ系総合へ
一口馬主:社台グループ系総合
社台、サンデー、G1tc、キャロット情報

にほんブログ村 トラコミュ 一口馬主:東京サラブレッドクラブへ
一口馬主:東京サラブレッドクラブ
東京サラブレッドクラブ情報

にほんブログ村 トラコミュ 競馬写真(中央/地方/海外)へ
競馬写真(中央/地方/海外)
牧場見学、中央競馬、地方競馬、海外競馬の迫力ある競馬シーンの画像
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

[【ケイティープライド】愛馬近況!]の続きを読む

2013/02/17(日) 10:23:01

昨日の注目レースの1つは2歳500万下特別のセントポーリア賞
今勝てて無い馬はクラシック出走はほぼ赤信号。オークス、ダービーも
黄色信号が点滅と言う感じでしょう。ここで2勝を挙げればトライアルに
ギリギリ間に合いますからトライアルへの最終便。レース前は好メンバーが
揃ったと思いましたが終わってみればタイムも遅かったですし、ちょっと
面白みに欠けたレースでした。ただ、そんな中でも結果を出せるかどうか?
勝ったのは1番人気だったヘルデンテノール。完成度も低いですし、抜け出してから
吉田騎手のコメント通りふわふわしながら走ってましたね
それでいてキッチリ結果を出すのですから今後完成すれば更に大きなところを
取れる器だと思いました。折り合うために馬の後ろのポジション取りを狙ったら
2番手になったと他の媒体で吉田騎手がコメントされてましたが
好位で競馬で来たのも収穫。レースのレベルが低くても勝つのはやはり難しい事
今回は結果を出せた事でクラシックに向けて大きな前進となりましたね
やはり上に行く馬は確実にものにするところは取ってきますね



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
現地観戦画像



ヘルデンテノール
ヘルデンテノール 

にほんブログ村 トラコミュ 一口馬主:社台グループ系総合へ
一口馬主:社台グループ系総合
社台、サンデー、G1tc、キャロット情報

<クラブ公式>
2月16日(土)東京・セントポーリア賞(芝2000m)に吉田豊騎手56kgで出走、馬体重は前走から4kg減の506圓任靴拭まずまずのスタートを切ると、控えて中団馬群を進む構えでした。しかし、直後から進出していく展開となり、一転して逃げ馬の直後で進めていきました。その後はしっかりと折り合い、手応え十分のまま直線を迎えました。残り400m付近から追い出されると、あと200mといったところで逃げ馬を競り落とし、後続の追撃も凌いで勝利を手にしています。2着馬とは1馬身半差、勝ち時計は2分00秒7でした。レース後、吉田豊騎手は「理想は馬群の中に入れていくことでした。しかし、スローな流れで馬も落ち着いていましたので、思い切って行かせることにしました。先団に取り付いてからは思惑通りにハミも抜けてくれましたね。直線を向いてからも手応えは十分でしたが、フワフワとしていましたし、まだ余裕も感じられます。以前よりもレースぶりは上達していますので、このまま無事に成長して欲しいですね」と殊勲の勝利を振り返っています。また、大久保洋吉調教師は「スタートが課題としてありますが、1戦毎に良化して、競馬が上手になってきていますね。この馬はサンカルロの弟ですが、父の良さを受け継いで、距離もこなしてくれそうです。今後はスプリングSへ向かいましょう」とコメントしています。在厩のまま、3月17日(日)中山・スプリングS(G2・芝1800m・皐月賞トライアル)への出走を目指していきます


にほんブログ村 トラコミュ 一口馬主:東京サラブレッドクラブへ
一口馬主:東京サラブレッドクラブ
東京サラブレッドクラブ情報

にほんブログ村 トラコミュ 競馬写真(中央/地方/海外)へ
競馬写真(中央/地方/海外)
牧場見学、中央競馬、地方競馬、海外競馬の迫力ある競馬シーンの画像
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る