阪神サラブレッドクラブ

社台,サンデー,キャロット,東京サラブレッドクラブの一口馬主ライフ。国内外競馬LIVE観戦記をお届け!

2009/12/08(火) 00:37:31

1昨年前に香港で香港国際競走を観戦しました
沙田競馬場は基本全レース芝で行われ、スタンドも立派で大きな競馬場
馬券の買い方がちょっと日本とは違いますが、香港なら英語が通用すると
思ったら、聞く人を間違えると言葉が通じない。
ちょっと立派そうなスタッフがやっと英語が通じ馬券を変えた訳です
そして何より競馬場のグルメが最高。私は2度沙田競馬場に行きましたが
二度ともワンタンだけは食べました。ハッキリ言って普通ですが
安くて旨い。コレはお勧め。香港国際競走はキャセイパシフィック航空が
協賛で表彰式では香港の女優さんとかと表彰式を盛り上げてくれる
キャビンアテンダントなど華もあります。その時来ていた女優が誰か忘れましたが。。。
短距離がメインで香港の馬は南半球産で卓越したスピード競馬が楽しめます
面白いですよ。
今年の香港国際競走は2頭のG1馬。それも何故か一口クラブ馬が出走楽しみです
ジャガーメイルも期待です
そんな中、香港スプリント(G1)ではローレルゲレイロがリベンジします
強豪は1昨年チャンピオンでスプリンターズステークス出走を表明したこともある
セイクリッドキングダム
。近走は勝ち切れてないですが復帰戦の
スプリントトライアルでは2着にまとめてきました
本番が楽しみです。スピードもさることながら、決め手も持っており
ローレルゲレイロがどれだけ粘れるか?注目です
昨年のチャンピオン、アパッチキャットは何処まで変わり身を見せるかですが
昨年の勢いもなく大丈夫でしょう




にほんブログ村 トラコミュ 競馬写真(中央/地方/海外)へ
競馬写真(中央/地方/海外)

トラコミュでは中央競馬、地方競馬、海外競馬の迫力ある競馬シーンの画像が
閲覧できます





◆1昨年の王者セイクリッドキングダム
セイクリッドキングダム
セイクリッドキングダム
セイクリッドキングダム


◆頑張れ!ローレルゲレイロ
ローレルゲレイロ




ランキング参加中!阪神TCとローレルゲレイロの応援にワンクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ

皆様の日頃の応援に感謝御礼

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2009/05/17(日) 16:34:34

アメリカで行われたプリモネステークスでも牝馬が快挙!
レイチェルアレクサンドラ
が85年振りの牝馬優勝を飾った!
ウオッカも日本ダービーを制したがアメリカクラシックでも今年活躍!

レイチェルアレクサンドラがV

現地時間16日、米・ピムリコ競馬場で行われた米3冠第2弾・第134回プリークネスS(3歳、米G1・ダート9.5f、13頭立て)は、C.ボレル騎手騎乗の1番人気レイチェルアレクサンドラ Rachel Alexandra(牝3、米・S.アスムッセン厩舎)が、スタートから先手をとると、直線に入って早めに後続を突き放し、ケンタッキーダービー馬マインザットバード Mine That Birdの追撃を1馬身差抑え逃げ切った。勝ちタイムは1分55秒08(良)。さらに1/2馬身差の3着にマスケットマン Musket Manが入った。

勝ったレイチェルアレクサンドラは、父Medaglia d’Oro、母Lotta Kim(その父Roar)という血統の米国産馬。昨年5月にデビューし、2戦目で初勝利。昨年11月のゴールデンロッドS(米G2)で重賞初制覇を果たすと、フェアグラウンズオークス(米G2)、ファンタジーS(米G2)も制し、前走のケンタッキーオークス(米G1)はレース史上最大着差となる20.1/4馬身差をつけて圧勝していた。前走後、売却され馬主が変更されたことに伴い、H.ウィギンス厩舎から現厩舎へ移籍していた。通算成績11戦8勝(重賞5勝)。

牝馬がプリークネスSを制したのは1924年のネリーモース Nellie Morse(ベガやバンブーエールなどの祖)以来85年ぶり5頭目。また、鞍上のC.ボレル騎手はマインザットバードでケンタッキーダービー(米G1)を制しており、同年の牡馬2冠を異なる馬で制したのは史上初の快挙となった。


ランキング参加中!阪神TCとレイチェルアレクサンドラの応援にワンクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬写真&一口ブログ満載!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2009/04/25(土) 13:59:22

香港・シャティン競馬場で行われるクイーンエリザベス2世C(香G1・芝2000m)の
枠順が23日に確定した。

一昨年の勝ち馬ビバパタカは1番枠、昨年の勝ち馬アーキペンコは2番枠、
ドバイデューティフリー(首G1)2着のプレスヴィスは8番枠にそれぞれ入った。発走は現地時間16時35分(日本時間17時35分)。枠順は以下の通り。

※左から馬番、ゲート番、馬名、( )内は性齢、調教国、騎手
01-01 ヴィヴァパタカViva Pataca(セン7、香・D.ビードマン)
02-02 アーキペンコ Archipenko(牡5、南ア・K.シーア)
03-08 プレスヴィス Presvis(セン5、英・R.ムーア)
04-10 ニコネロ Niconero(セン7、豪・C.ウィリアムズ)
05-06 パッキングウィナー Packing Winner(セン6、香・E.サンマルタン)
06-05 シンション Chinchon(牡4、仏・O.ドゥルーズ)
07-07 サムズアップ Thumbs Up(セン4、香・C.スミヨン)
08-09 ブリッシュキャッシュ Bullish Cash(セン6、香・B.プレブル)
09-03 ビバマカオ Viva Macau(牡6、香・K.ユン)
10-04 デインシス Danesis(牡5、香・F.コーツィー)


◆昨年の覇者!アーキペンコ(アーチペンコ)!
アーキペンコ

香港にて撮影。後ろに見えるのがグランプリホースのマツリダゴッホです

◆1昨年前の覇者!ヴィヴァパタカ

ビバパタカ



ランキング参加中!阪神TCとヴィヴァパタカ&
アーキペンコ
の応援にワンクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬写真&一口ブログ満載!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2009/04/25(土) 10:14:11

明日、香港・シャティン競馬場で行われるアジアマイルチャレンジ第3戦・チャンピオンズマイル(香G1・芝1600m)の枠順が23日に確定した。

昨年の勝ち馬グッドババは10番枠、クイーンズシルバージュビリーC(香LG1)を勝ったエジプシャンラーは1番枠にそれぞれ入った。発走は15時55分(日本時間16時55分)。枠順は以下の通り。

※左から馬番、ゲート番、馬名、( )内は性齢、調教国、騎手
01-10 グッドババ Good Ba Ba(セン7、香・C.スミヨン)
02-01 エジプシャンラー Egyptian Ra(セン7、香・F.コーツィー)
03-04 モアバウンティフル More Bountiful(セン4、香・D.ホワイト)
04-05 アレクサンドロス Alexandros(牡4、首・L.デットーリ)
05-11 アルマダ Armada(セン7、香・E.サンマルタン)
06-06 フェローシップ Fellowship(セン6、香・Z.パートン)
07-03 インボンギ Imbongi(セン4、南ア・K.シーア)
08-07 コレクション Collection(セン4、香・D.ビードマン)
09-09 サイトウィナー Sight Winner(セン5、香・B.プレブル)
10-02 ダオダオ Dao Dao(セン5、豪・W.マーウィング)
11-08 ユニークジュエリー Unique Jewellery(セン4、香・O.ドゥルーズ)

中心は昨年の王者グッドババ。遠征に弱いが地元香港では圧倒的強さを見せつける
また、暮れの香港マイルを07,08年と連覇している
前走は距離不足の1400mで2着に破れたが適距離なら問題なし


グッドババ

グッドババ


ランキング参加中!阪神TCとグッドババ の応援にワンクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬写真&一口ブログ満載!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2009/03/29(日) 01:18:32

現地時間28日、ドバイ・ナドアルシバ競馬場で行われたドバイデューティフリー(北半球産4歳上・南半球産3歳上、首G1・芝1777m、1着賞金300万米ドル、16頭立て)は、A.アジテビ騎手騎乗のグラディアトラス Gladiatorusが1位入線。ウオッカは7位入線の模様。

◆残念。。。ウオッカ

ウォッカ
ウォッカ


でも、牝馬で果敢に海外遠征!お疲れさん!日本での走りに期待!



ランキング参加中!阪神TCとウオッカの頑張りに!ワンクリックお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ

他にも一口馬主&競馬写真ブログ満載!!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2009/03/28(土) 00:35:55

ウオッカが出走するドバイデューティフリー(G1)は大混戦です
前哨戦ウオッカを倒した、バリウスジェイペグもさることながら
人気馬の中でもう一頭、ウオッカに立ちはだかるライバル馬を紹介!
昨年の香港のクイーンエリザベス(G1)でマツリダゴッホを倒した
アーキペンコ
(アーチペンコ)です。
この馬は前走休み明けも何のそのドバイで行われたG3戦でも快勝
叩き2戦目で上がり目有りですね
血統は大舞台で本領を発揮するキングマンボを父に持ち
母はバウンド(母父ニジンスキー)と日本でもその走りが見たくなる血統
昨年もドバイデューティフリーに参戦し3着。今年は昨年以上の着順でも
驚きはない。ウオッカにとっては警戒すべき相手ですね

◆怖い一頭!アーキペンコ(アーチペンコ)!
アーキペンコ

香港にて撮影。後ろに見えるのがグランプリホースのマツリダゴッホです

◆でも勝つのはウオッカ

ウォッカ
ウォッカ



ランキング参加中!阪神TCとウオッカの応援にワンクリックお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ
他にも一口馬主&競馬写真ブログ満載!!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2008/12/10(水) 21:15:32

G1 4連発のファイナルは香港カップです
昨年の12月9日、香港・シャティン競馬場で行われた香港カップ(3歳上、香G1・芝2000m)は、L.デットーリ騎手騎乗のラモンティ Ramonti(牡5、首・S.ビン・スルール厩舎)が、3番手から直線で抜け出し、猛然と差を詰めたビバパタカ Viva Pataca(香)を1/2馬身差抑えて優勝した。勝ちタイムは2分02秒8(良)。さらに約2.1/2馬身差の3着にミュージカルウェイ Musical Way(仏)が入り、日本から参戦したシャドウゲイトは2番手追走から早めに先頭に立つ積極策を見せたが、勝ち馬から0.7秒差の5着に敗れた。

勝ったラモンティは、父Martino Alonso、母Fosca(その父El Gran Senor)という血統の仏国産馬。05年3月にイタリアでデビューし、3歳時は伊2000ギニー(伊G2)を制したほか、伊ダービー(伊G1)2着などクラシック戦線で活躍。昨年10月のヴィトリオディカプア賞(伊G1)でG1初勝利を挙げた。昨年末の香港マイル(香G1)3着後に現厩舎に移籍。今年はクイーンアンS(英G1)、サセックスS(英G1)、クイーンエリザベス2世S(英G1)を制している。これまでの重賞7勝はすべてマイル戦でのものだった。通算成績19戦12勝(重賞8勝)。

◆正面スタンド前の発走です
香港カップ


◆香港の中距離王ビバパタカの輪乗り
ビバパタカ


◆日本代表シャドウゲイトの輪乗り
シャドウゲイト


◆ドバイの刺客ラモンティの輪乗り
ラモンティ


注目の3頭をピックアップしてみました
シャドウゲイトもこの年はシンガポール国際で先の香港ヴァーズを勝った
ドクターディーノを破ってるのでココでも通用すると見られてましたが。。。

◆そしてスタート
シャドウゲイト

こうやってみると迫力満点ですね

◆シャドウゲイトがラモンティに食らいつく
ラモンティ

4角では一端先頭に立ったシャドウゲイトも後続の末脚に屈しました

◆デットーリのラモンティが独走
ラモンティ
ラモンティ

世界の名手の手綱が目の前で見れました

◆最後追い込んだヴィヴァパカタと叩き合い
ビバパタカ

ラモンティと馬体が激しくぶつかり合いながら叩き合い
結局、及ばず2着

◆引き上げるヴィヴァパカタ
ビバパタカ


◆デットーリとラモンティのウイニングラン
ラモンティ


◆ラモンティの口取り
ラモンティ
ラモンティ

この後、デットーリジャンプをしてくれました

◆香港カップの表彰式
ラモンティ


小頭数ながらラモンティとヴイヴァパタカとのゴール前は凄く良かったですね
ジャパンカップより断然、メンバーが揃い、しかもG1四つを一日に
見れる!香港へ行く価値があると思いましたね

<今年の香港カップ展望>


残念ながら香港のG1、中でもメインレースである香港カップには
日本馬は不在です。しかし、世界の中距離王にふさわしいメンバーによる
ハイレベルな戦いが期待できますね
香港の英雄で昨年の2着馬ヴィヴァパタカにチャンス!
そしてBCターフで2着のイーグルマウンテンが立ちはだかります
注目のガリレオ産駒ラッシュラッシズは牝馬G1三連勝。
しかも、今年ハイレベル世代の欧州3歳牝馬と侮れない
大崩しないリンガリ、アルティストロワイヤルにアバリウスまでが圏内か



ランキング参加中!いつも応援有り難うございます!応援の一日ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る